うちの子エピソード集リンク置場

うちの子サブエピソード集「牛乳物語」のリンク置場です。

主にどういう経緯でこのキャラクターたちが集まってきたのか、また彼らの過去や心情を展開していけたらなという感じで書きはじめました。

メモ帳程度に使っているTwitterの1ツイートずつ書きなぐっているものなので、適当な文体だったり読みにくかったりします。興味のある方は…程度ですね。

続きは追記展開からどうぞ。

スポンサーサイト

あのドラゴン育成シュミレーションゲームが帰ってきた!(?)

たぶんこの手の記事、久しぶりだと思われます。

というわけでこんにちは!ミルフィーです。

このブログも8月頭らへんで既に2周年を迎えており、ちょっと懐かしさがあります。

今回紹介するゲームは、もう既に多くのドラゴン好きの方ならご存じ、『仔竜の風詩』という、ドラゴン育成シュミレーションゲームです。

仔竜の風詩公式サイトへ(新しくウィンドウが開きます。あと音が鳴ります。音量にお気を付けください
。)

ドラゴン育成です。ここ大事です。何回でも言えます(?)

さて、この作品のタイトルの通り、『竜の風詩2』のその後の世界みたいな点が多いのです。…というより、ぶっちゃけその後の世界のことだろうと思います。

舞台は竜の風詩2と同じく、「惑星ドラグード」。地球から3億光年も離れている惑星らしいですよ。

そのはるか遠くの惑星のとある島、「天那津島」が今回の舞台です。読めましたか?「あまなつとう」って読みます。甘納豆じゃないよ。

製作者は前作と同じく牙竜さん(と、様々なイラストやBGM協力者の皆様)。個人製作でありながらこのクォリティとストーリー性…風詩(無印)、風詩2でも分かってはいましたが、やっぱりすごいお方です。

竜の風詩2をプレイした方はたぶんお気づきになられてると思いますが、今作はドラゴンが3D描画されているんです。2Dイラストでも可愛い!強そう!などといった雰囲気が、よりリアルに、そしてその可愛さといった多くの印象を損なわずに表現されていました。なによりも、「動いて」いるというのが、まさに育成シュミレーションゲームというジャンルでその生命をしっかり育てているのだと強く感じられる要素なのではないでしょうか。
しかも、育成しているドラゴンをなでれるというのだからたまらないものです。

「バトルシステムが神経衰弱」「アイテム入手はもぐらたたき」など、ミニゲーム要素が増え、より優しく。
育成に必要なエサアイテムの購入などは、ドラゴンのウンチをお片付けすることで手に入るコインを用いるなど、お金の入手も簡単になっていますね。(もちろん、風詩2と比較して、のお話ですよ。)

もちろんこのゲームは完全無料。
そして何と言っても、スマートフォンのコンテンツであることがその手軽さを物語ります。
だっていつでもどこでもドラゴンを育成できるもんね!しかもオンラインゲームじゃないからオフライン環境でもできるもんね!!


他にも紹介したい要素、たっくさんあります。初心に戻って実況…?というか、育成日記っぽいことしてみたいですけど私なにぶんそういうの苦手で…((

苦手ですが、もしやってほしいぜ!!って方とかいらっしゃったらやってみようかな…。

今作もドラゴンと繰り広げられる感動の物語がいまアナタのめのまえに再び、って感じですね。

ぜひ1度、インストールしてみてはいかがでしょうか!おすすめの作品です。


仔竜の風詩公式サイト
↑クリックで新しくウィンドウが開きます。

(竜の風詩2はこちらからどうぞ。左側に竜の風詩2があったはず…。)
↑画像クリックで新しくウィンドウが開きます。

(製作者牙竜さん運営のサイト。ギャラリーや漫画コンテンツがあります。)
↑画像クリックで新しくウィンドウが開きます。

サブエピソード的なやつその4(終)

ちょいちょいタイトル名が違うのは仕様です

牛乳物語2章、この記事で完結です。実は日本語がおかしかったり、ナンバリングがずれちゃってたりしてると思いますが、それは眠気の中うとうとしながら書いたのを無修正であげちゃってるからなんですね…((

脳内補完でお願いしまs…((

本編長いので、追記展開からどうぞ。

サブエピソードのような何かその3

実はこのサブエピソード、完結してます。
ただ、25話くぎりのほうがいいのかなって思ってそれくらいで区切ります。

最後まで乗せるのはそのうちで……あ、ところでお久しぶりです。それでは長いので追記展開からどうぞ。

GO TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。