独りの夜道

涼しい。とても涼しい。これが夏の夜なのだろうか。


今夜は熱帯夜と聞いていたが、案外そうでもないらしい。


時間は11時37分。自慢の腕時計はそう語る。


本当なら補導されている時間帯だ。でも心配には及ばない。俺の歩く散歩道は警察官なんて通りっこない。


もし通ったとしても、ここら辺は俺の庭。すぐに逃げて撒けるだろう。


小さいころからこの町に住んでいた。


もう俺も16だ。そろそろ彼女なんて・・・いやいや、今は勉学。


だいたい、俺に彼女なんてできっこない。


友達もそんなに多くも無いんだから。


でも、不思議と寂しくなかった。


むしろ、そのほうが良いと思っている。


なにせ、このごろの若者はとにかく騒がしいと世間ではそれなりに印象が悪い。


いや、俺は騒がしいどころかおとなしすぎてつまらない、なんて言われるくらいだ。


ただ、俺もその若者に分類されてしまうらしい。俺としては不名誉極まりない。


でも、そんなことはすぐ忘れてしまう。


すぐ思い出させられたりするけど、すぐ忘れる。


というよりは、忘れてしまう。


自分で記憶を忘れたりするのは、現代科学ではほぼ不可能とされているそうだ。


ほぼ、と言ったのは、この前テレビで薬品を使って記憶を本当に消す・・・みたいな内容の特番をやっていた。


・・・気がする。


俺の記憶力はこんなものだ。


ただ、この町の構造についてならじいちゃんやばあちゃん以上に詳しい自身がある。







今日の独り散歩はなんだか不思議な気持ちになる。


独りでなんだかにやけるようで、周りに人がいたら不気味に思われるか、気持ち悪がられているだろう。








ただ・・・






・・・少し肌寒くなってきた。


上着は持っていない。暑いからいらないと思って持ってきていない。


しかたない。今日のところはこのあたりで引き上げるとするか。





俺はふと月明かりの射す地面に目をやった。






綺麗な花がある。


それは赤色に染まり、少し萎えているが、何か力強い意思を感じる。


強く生きていこうと言わんばかりの意志だ。


・・・きっと、誰かに踏まれてしまったのだろう。


水をやっていれば元の元気な姿に戻る・・・いや、もっと力強い姿を見せてくれるだろうか。


摘んで家に持ち帰ってみよう。


と、その花が植わっている地面をよく見ると、なんだか少し赤黒い土のように見えた。


これは・・・血のり・・というやつなのだろうか?


よく見ると、その血のような何かは、この先の森へ点々と続いているように見える。








誰かが森の中にいる。











俺は森の中へと進んで行った。









そこに待つ未来を見るために。そして、過去を自覚するために。














花はすでに枯れていた。

















月はいつの間にか雲によってかくされてしまったようだ。



あとがき→追記展開
まずは、長ったらしい文章でブログのページを醜くしてしまったことお詫び申し上げます。






さて、こんかい突然(厨二チックな)文章が投稿され始めてしまいましたが、



いかがだったでしょうか。




意味の無い小説の練習・・・と言うわけでは無いんです。







これらはミルドラのメンバーが出会う前をテーマにした短いストーリーチックな奴です。



どの文章が誰に相当するか、それは語らずともお解りになってしまうでしょう。


どのメンバーにも、それなりの過去を持っていると言うことですね。


ちなみに、私をテーマにした文章は、ちょうど※※※※に出会う少し前のストーリーです。


書きなぐった程度なので、なんじゃこりゃ、という感想をお持ちになったでしょう。


それで構いません。むしろ、それ以外の反応を抱くことはできないはずです。


そういう風に作りましたからね(えっ


そうそう、私のブログ、そろそろ1周年を迎えるそうです。


なにか企画ができたらいいのですががが・・・(((


季羅さんみたいにお礼絵とかできたらいいんですけどねっ☆


関連記事

コメント


トラックバック

GO TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。